Wi-Fiの仕組みとは

Wi-Fiの仕組みとはどのようなものなのでしょうか?Wi-Fiというのは、LANというデータを送ったり受けたりすることを無線によって行う構内通信網のことです。
LANというのは、自宅や会社などの中において、データを送ったり受けたりすることがパソコンなどを接続して可能なネットワークのことを言います。
Wi-Fiの場合は、無線をケーブルの代わりに使用します。
Wi-Fiは無線LANとも言われていますが、Wi-Fiの普及を促している業界の団体から認証された機器のことを言います。

Wi-Fiを使えば、好きなところでインターネットに繋いで、簡単にメールを利用したり、ウェブサイトを見たりすることができます。
また、公衆のWi-Fiの整備も最近は進んできており、Wi-Fiは公共の場である空港や駅などでも使うことができるようなってきています。
また、スマホやタブレットを利用する人が最近増えてきており、急激に増えてきている負荷を軽くするための一つの対策として最近では着目されています。

Wi-Fiを使うためには、親機と端末であるパソコンなどに着ける子機が必要になります。
しかしながら、子機はスマホやノートパソコンのほとんどに最近では内蔵されています。
そのため、Wi-Fiは親機があると使えるようになります。
最近では、親機は家電の量販店などでも販売されているため、親機の説明書を参考にすれば、自分でも親機の設定を行ってWi-Fiを楽しむことができます。
本サイトでは、基本的な仕組み、電波を使って繋ぐ、無線でデータ通信する、についてご紹介します。




≪管理人推奨サイト≫
モバイルワイファイ各社の特徴や費用を簡単に比較検討できます →→→ モバイルワイファイ